【ORAS】全体技のみダブルバトル in サークル

なんだそれは、って思った方も多いと思いますので、説明します。

 

文字通り全体技のみが打てるダブルバトル、単体に打つ技を使った時点で失格。

 

まもる、キンシ、ニドガ、みきりはOK。

 

本当これだけです。

 

結論から言いますと当初は面白そうじゃんと騒いでた僕も最終的には何だこのクソゲーと思うレベルで酷かったです。決して負けたからそう思ってるわけではなく。そこそこ勝てましたし…

 

クソゲーでしたが面白かったんで軽く纏めます。

 

当初はブルンドータクンでトリル貼って潮吹き大爆発、トノブルンで波乗り潮吹きなどなど色々とこれが強いんじゃないかみたいな話が上がりました。

 

サークル内の大会だったので身内以外に調整する相手もいなく苦労しましたが、とりあえずパーティを組んでやってみました。

 

ドータクン@ラム

ブルンゲル@たべのこし

ニョロトノ@珠

ニンフィア@メガネ

バクーダ@メガ

ニャオニクス@ひかりのねんど

 

ニンフトノニャオ以外は最遅、トノはS個体値9という中途半端な個体。

全体技だけなんでだいたい技は予想できると思います。

 

トノブルンorブルンドータクンで選出して潮吹きの強さ見せるぞって感じのパーティでした。実際普通のダブルでも少し見受けられましたね。

 

しかし、このパーティがとにかくクソ弱かったです。何が弱いって、パーティの軸になってるトノブルンの圧倒的火力のNASA

 

ドータクンもやることやったところで相手に付加かけられてるのか分からない感じで、正直試作段階において1,2回でも勝てたのが奇跡でした。

 

結局何が強いか考えた結果パーティを変えました。

以下本戦で使ったパーティです。

 

ニャオニクス@ねんど

あまごい、しんぴ、壁、リフレクター

壁で相手の技の威力を下げつつ、しんぴで追加効果およびドーブルダークホールを見る。あまごいはリザY対策。

 

サンダー@オボン

ほうでん、ねっぷう、あまごい、まもる

試作段階においてスイクンやブルンなどの水タイプに対して抜群取ってかないと厳しいと思い選出。麻痺も狙える。特性はプレッシャーで、まもるを使うことによって相手の有効打のPPを削る。潮吹きや吹雪なんかはこれで切らしました。

 

ゲッコウガ@珠

たたみがえし、ふぶき、なみのり、まもる

ニャオ枠として万が一の為に。選出しなかったし見せポケとなってしまいましたが、たたみ返しで1ターン安全に動けるのは強いです。

 

ランドロス@スカーフ

雪崩、地震、大爆発、まもる

詰めポケ。ぶっちゃけ雪崩打って怯ませてワンチャンみたいな役割

 

バクーダ@メガ

まもる、じしん、雪崩、熱風

メガ枠。こっちはニャオでトリルするぞと脅すために入れてた。噴火なんてものはない

 

ニンフィア@メガネ

マジシャ、あまごい、ハイボ、まもる

エース。ここで述べさせてもらうと、バクオングとかいうハイボ通さないマンが居たため、マジシャを入れるしかなかった。

 

 

僕が試作段階において得た感触としては、ひかりのかべやリフレクターを貼ってダメージを軽減させつつ、相手のHPをとにかく削らないとならないというスタイルでした。

 

トリルを打つのもいいんですが、肝心のトリル要員が相手の技でやられる可能性が非常に高いうえに、逆のこと言えば相手がトリルなんて打とうものならこちらが攻めればいいという感じでした。

 

ニャオやクレッフィドータクン辺りは正直リザYやランドロス辺りにバンバン攻められたら死にますし、放電、熱風、岩雪崩、吹雪などの追加効果、または急所を受けるだけで戦局としては厳しくなる一方です。

 

全体技のオンパレードなので追加効果及び急所が発生する回数は自然と多くなります。これに助けられることもあれば苦しむこともある、全体技ダブルとはまさにポケモン運ゲーを抽出したようなルールなのです。

 

説明は一旦このくらいにして、対戦結果を述べます。

 

予選は4戦ありましたが、3-1でした。予選抜けですね。この時点でベスト4です。

 

基本的な選出はニャオ、ニンフ、ランド、サンダーです。

一度だけトリル使ってきそうな相手に対し、ランドをバクーダに変えた選出をしました。

 

上で述べた通り、ニャオで壁、しんぴを貼りつつ、横で攻撃。全体技で攻撃されるためニャオが腐ったりすることもないので、後は後ろで詰めという感じです。シンプルですね。

特にトリッキーなことをすることもなく、勝ち戦のうち2戦は戦略をそのまま遂行。うち1戦は危ないところを雪崩の怯みと放電の麻痺で切り抜け運勝ち。

負けの1戦は雪崩で怯まされ、急所当てられで運負け。

 

余談ですが、スイクンが強かったです。使われて思いました。バークアウトしつつオボンで回復、プレッシャーで相手のPPを削る。PP削りはどことなくサンダーを思い出させるような。特殊が多くなるこの環境でバークアウトは刺さりました。

 

 

でもまあ何だかんだ準決勝へ。

 

準決勝で負けました。

敗因は焦ってプレミしたことです。

リフレクターがニャオのおかげで長く続いてる中、最終対面が僕のサンダーvs相手ランドロスでした。

こっちは熱風を持ってるので当てつつ火傷でもさせれば勝ち、相手は火傷にならないまま雪崩を当て続け、あわよくば怯ませれば勝ちって感じでした。

結果火傷も怯みも急所も無いまま負けてしまったのですが、隔ターンで守るを挟んでいけば、相手の雪崩のPPが削りきれたので、完全に焦りからのプレミです。深く後悔しました。

完。

 

特にオチもないですが、これにてサークル内でorasを使った大会は最後です。だってサンムーンの発売もう明後日だもんね。

 

まあレート終わって少し物寂しい感じはしてたんで、どんなルールであれ楽しくバトルできたのはよかったです。

 

プレミに対する後悔を心に深く刻み付け、サンムーンでも対戦していきたいと思います。

 

 

タイツの日に更新するつもりだった

 

twitterが居場所と化しちゃってるってはっきりわかんだね

 

そんな感じです。本文は現在鋭意執筆中です。

C91、受かりました!

 

という感じです。

 

ブログをこっちに移転してからポケモンのことしか書いてなかったのですが、僕は一応イラスト描いたり漫画描いたりするのが主な学生です…!

 

11/2にまた新しいお知らせをしたいと思っています。

 

それでは

GSとかシンオウダービーの話

前回みたいに特に纏まった話でもないですが、最近ポケモンで必死だったルールはこの二つ(特にGS)だったので、一応書いておきます。

 

GSに関しては、いろいろ試行錯誤はしましたが、主に二つのパーティを使いました。

一つはグラゼルネと言われる王道の並びです。(WCSが終わると同時にそうでもなかったと認識されてしまいましたが…)

 

グラードン@べにいろ

ゼルネアス@パワハ

ガルーラ@メガ

クレセリア@メンハ

ランドロス@スカーフ

ボルトロス@オボン

グラードンとクレセが最遅、人と変わった点はボルトロスがおだやか個体という点くらいだと思います。スペレは1750辺りが限界でした。

 

個人的に何が辛かったって運の無さでした。断崖の剣が外れる外れる。

自他共に認めるレベルで運はないです。なのでダブルはいつも2体で4体倒すくらいの気持ちでやってます。WCSに行くぞくらいの気合でやってたんですが難しいものです。

 

結局WCSの予選でサヨナラバイバイしたあとにようやく、GSは運要素が多過ぎることに気がついたので、即パーティの見直しに入りました。まだPCLがあったからです。

 

ガルーラ@メガ

グラードン@べにいろ

カイオーガ@あいいろ

ランドロスとつげきチョッキ

クレセリア@メンハ

ボーマンダ@メガ

 

グラオーガクレセは最遅です。PCLはカロスマークなしでも良かったんでオーガの個体用意がさっと出来て助かりました。クレセに新たにじゅうりょくを覚えさせ、断崖や根源が外れないようにしました。カロスマークありだったらもう無理でした。ガルーラの個体もようきASからいじっぱりHAに変え、マンダは完全特殊型にしました。

調整段階では勝ちまくりで楽しかったです。

しかし大事な試合に限ってムラっけドーブルに運ゲされまくって死にました。

トリル張ろうものならムラっけでSが下がるし、回避率3連でぐーんとあげられたときはDSに向かって土下座し始めました。キレるの通り越して泣きつく感じですね。祈ったり謝ったりしてました。

 

そんなこんなでGSはあまり良い思い出が無かったですが、WCSの放送とか見てたら自分のを弱さを痛感したのも事実です。GSというルール自体orasで初めて取り組んだのですが、悔しさは残ったままなのでまたいずれやりたいです。

 

 

 

シンオウダービー

 

某先輩に誘われてやりました。

乗り気ではあったんですが時間がなく個体を流用しまくってパーティーを3分くらいで組みました。

f:id:surfacetremble:20160912144703p:plain

ノオーは最遅で、カメは配信されたこのゆびカメです。

一時期海外で流行ったグロススタンとかいうパーティを使ってたおかげでグロスとサルが居ました。ガブとサンダーはシングル流用です。今あまりシングルやってないけど・・・。

途中までは調子がよく1800手前まで行ったんですが、最終日に負けまくり150くらい溶かして終わりました。単純に集中力が切れてプレイングがガバガバになってたと思います。

適当に組んだわりには案外よく動きました。シングルのサンダーなので追い風とかない代わりに毒毒があったんですね。ラス1サンダー対面が何故かめちゃくちゃ多かったので役に立ちました。あと、誰もカメのこの指を警戒しなかったです。この指カメは強いんだぞ!使える機会少ないけど…。

余談ですが、スクラップのせいでんきサンダーの厳選が終わってたのにも関わらずプレッシャーを使ってしまいました。そもそも3分で組む!ってなったときに努力値振り終わってませんでした。アホ過ぎる。

シンオウ…DPPtHGSS時代は僕も小学生~中学生。ポケモンはストーリーメインで対戦をそこまでやっていなかったので、環境としては懐かしい気持ちは全然なく新鮮な気分でした。今のダブル環境も好きではあるんですが、シンオウダービーは「なるほど、これがダブル…」って思えるような環境だったんで、また大会とかあればやってみたいです。

 

以上、二つのルールに関しての記事でした。

 

 

 

【ポケモンORAS】ダブルバトル スタンパ S17使用構築 R1837

どうも、瑠璃楯羽です。

TNは"るり"です。

 

f:id:surfacetremble:20160911062947p:plain

 

f:id:surfacetremble:20160911063003p:plain

 

9/11時点で、82戦、最終レートは1837ですね。今期はもうやりません。最終順位は気が向いたら追記します。

 

2016/9/15 追記

 f:id:surfacetremble:20160915131412p:plain

 

最終は221位でした。

 

 

 

今更初めて構築を、しかもスタンパで書こうと思ったのにも一応理由はありますが、長いので後述します。

 

ガルーラ@メガ石

ニンフィア@こだわりメガネ

ヒードラン@シュカ

ランドロス@スカーフ

クレセリア@オボン

モロバレル@ゴツメ

 

各ポケの拙い説明↓

 

 

 

ガルーラ@メガ石 NN:ビッグ・マム

 

ようき/きもったま/H6 AS252

 

ねこだまし/ふいうち/けたぐり/すてみタックル

 

特に説明することも無いんですが、ガルーラ対面では一応最速で猫騙しを打てるというだけでかなり余裕が生まれます。突っ張らせることも多いですが、最速なだけで引いたときに後々有利になることが多かった気はします。基本的にある程度の火力を持ちつつ、横のポケモンを動きやすくさせるという感覚でいました。特にきもったま猫騙しは、散々ガルーラが流行ったのにも関わらず、警戒されないのか、通ることが多かったです。

 

 

 

ニンフィア@こだわりメガネ NN:Sophie

 

ひかえめ/フェアリースキン/HC252 S6

 

ハイパーボイス/まもる/シャドーボール/はかいこうせん

 

ハイパーボイスは言うまでもないですが、はかいこうせんはヤバイです。クレセやスイクンなど耐久の高いポケモンメガクチートなどの苦手な鋼タイプのポケモンのHPをごっそり削れます。こう書くとメリットが薄い気もしますが、横にもう一体ポケモンがいた場合に話が変わることが多いと使用しながら思いました。何よりワイガなどを含めハイボ前提で動く相手が多いので、意表をつけることも多かったです。

 

 

 

ヒードラン@シュカ

 

ひかえめ/もらいび/HC252 B6

 

だいちのちから/ねっぷう/まもる/みがわり

 

この努力値でも、相手のガルーラやドラン、ランドロスに一撃でやられます。けれど、ランドロスで威嚇をいれたり、シュカで地面技のダメージを半減させるだけで耐えてくれます。耐えて上記のポケモンに技を打てば結構ダメージは通るし、横のポケモンで対処しやすくなります。自分自身みがわりを強気に打てる性格はしていませんが、あると便利です。ドランを猫騙しで止めてる間とか、相手が守る読みで行動してくる読みで張るなど。

 

 

 

ランドロス@スカーフ

 

いじっぱり/いかく/AS252 H6

 

いわなだれ/じしん/はたきおとす/ばかぢから

 

先手に出すことは稀で、先手で不利対面を作ってしまった際などに交代で出すことが多かった気がします。相手に威嚇を入れられるだけで動きにくくなるからです。基本上から雪崩打ってあわよくば怯めみたいな役割でした。雪崩以外の技に関しては詰めで処理しやすいような範囲を考えての結果でしたが、地震を打つ機会は殆ど無かったです。ただ、とんぼがえりを打ってスカーフバレするのも避けたかったし、守るも打つ機会は無さそうだったのでこのままでした。

 

 

 

クレセリア@オボン

 

おだやか/ふゆう/HB252 D6

 

サイコキネシス/こごえるかぜ/スキルスワップ/てだすけ

 

一番選出率が低かったです。一時期ボルトロスと入れ替えてた時期もありました。(シーズン17はクレセリアで通しました) ボルトロスにするとランドロスが重くなり、クレセにするとドランが重くなる感じがしました。サイキネはモロバレルを意識して搭載し、他の技は完全にサポートです。クレセを選出した時、てだすけを使う場面は非常に多く、範囲技を使うドラン、ランド、ニンフはもちろんのこと、ガルーラの不意打ちにかけることによって1ターンで突破できる相手が増えたのも事実です。まあ手助け不意打ちはリスキーすぎるのでオススメしませんが…。

 

 

 

モロバレル@ゴツメ NN:チ♥ポソイヤ

 

ずぶとい/ほうし/HB252 D6

 

ギガドレイン/いかりのこな/キノコのほうし/まもる

 

交代で物理ポケモンに対して出すことが異常に多い上に、火力インフレでそこまでもたないので特性ほうしです。一旦出したら交代することが少ないってのも理由のひとつです。キノコのほうしを撒くことが多かったですが、いつからかぼうじんゴーグルを持つポケモンが増えたので、動きにくかったです。相手のガルーラに対してこちらがバレルドランと並べると、相手のガルーラがバレル方面に捨て身タックルしてくることが非常に多く、守るが必須でした。そこらへんを読んで1ターン無傷で残すだけでかなり楽に戦えました。

余談ですが、NNは人からもらったポケモンなので変更ができません。あとチンポソイヤでも通ります。

 

 

 

個人的に環境としてはスタンパ、エルフゲンガーが減り、サナバレルや滅び、雨パが増えてる印象でした。あとGSの影響か、ドーブル。厄介なのはドーブルと滅びでした。負けた試合の大半はこいつらです。同じスタンパやサナバレル、雨パは勝ちやすかったです。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

後述すると言ってた、記事を書いた理由です。僕の近況とかどうでもいいことも書かれてるんで飛ばしてくれて結構です。

 

スタンパと言うと、ガルーラ、ヒードランランドロスに加え、ボルトロスクレセリアニンフィアモロバレルなどが入ってるというのが僕個人としての印象です。たまにマリルリスイクンが入ったりとか。僕のスタンパというのもそれらと変わらず、"どこかで見たことあるわ"ってパーティです。

 

ただ、何もかも同じパーティが居たとも思ってないです。先述したとおり、スタンパとは大まかな方向性は同じものの、人によって少しずつ差異はあります。

 

僕自身レートも1837だし、そんなに強さを証明できてないのではって感じもしますが、実際どのシーズンもそこまで対戦回数があまりこなせていない(100行かないことが殆ど)です。過去にこのパーティを使い50戦目くらいには1800に乗り上げたこともありますが、そんなこともあって、まあ少ない対戦回数でどのくらいレートあげれるかみたいな気分でやっていました。

 

サナバレルなど他のダブルパーティも使ってはいましたが、やっぱりスタンパが強いように感じ、いつからかスタンパと言われる範囲内でどこまで強くなるかみたいにやっていた面もあります。

 

決して僕自身のプレイングは強いほうではないです。人にこのパーティを使わせたことも無いし、そもそも構築書くのも初めてですが、まあORASレートも終わりだし、考えの整理も含めて書くか~みたいな気分だったので書いたって感じです。

 

サンムーンでもまたダブルやっていけたらなぁと思います。

 

近況としては、そもそも通常ダブル自体最近やっておらず、GSやシンオウダービーばかりやってたって感じです。GSやシンオウダービーの話はまた別の記事でしたいと思います。

 

それでは~